ウォッチ!通りやすいクレジットカードの秘密を要チェック!

クレジットの申込履歴は6ヶ月残る

クレジットカード審査に申込をすると、その履歴が信用情報機関に登録されることになります。
申込履歴が抹消されるまで6ヶ月掛かりますので、クレジットカード審査に連続で応募する際には期間に注意をしながら応募するようにしてください。

クレジットの申込履歴について

クレジットカード審査に申込をすると、その履歴が信用情報機関に登録されることになりますので、連続してクレジットカード審査に申込をするのは少し注意した方が良いと思います。

クレジットカード審査に落ちまくったからといって連続してクレジットカード審査に応募すると、その回数も履歴に残ります。
わずか1ヶ月や2ヶ月の間に5社〜10社のクレジットカード審査に応募をしているのは、明らかにマイナス印象を与えてしまいますので、あまり好ましくありません。

ただしこれらの応募履歴が登録されている期間は6ヶ月となっていますので、続けてクレジットカード審査に応募する場合は、登録データーが抹消されている6ヵ月後を目処にクレジットカード申込を行うことをオススメします。

1度審査で落ちたクレジットカードに再申請する場合

三井住友のようなポイント系のクレジットカードなどに多いのですが、どうしてもこの会社のクレジットカードが欲しいという人もいるようです。

しかし不運にもクレジットカード審査で落とされてしまったとします。

それでも、どうしても諦めきれないので再度申込をしてみようと考える人もいるでしょうが、その場合も上記で説明したように申込履歴が抹消された6ヶ月以降にするのが得策だと思います。

多重申込は印象が悪い

クレジットカード申請履歴が残っている6ヶ月以内に多くのクレジットカード会社に申込をするのは禁止されているわけではありませんが、審査を担当するクレジットカード会社にしてみればあまり印象が良いものではありません。

クレジットカード審査を応募してくる人のなかには、純粋にその企業のクレジットカードが欲しいという理由ではなく、キャッシング利用を狙った人たちもいます。
キャッシング利用が目的の人は、とにかくどこの会社のクレジットカードでも関係なく申込をします。

6ヶ月以内に数多くのクレジットカード審査に申込をしていると、キャッシング狙いの人だと勘違いされる可能性もあるのです。

他社のクレジットカードでも同じ

A社のクレジットカード審査に続けて落ちてしまったから、A社のクレジットカードに申込をするのは6ヶ月後にして、今度はB社のクレジットカードに申込をしてみようという人もいるでしょう。

それはそれで全然問題ありません。
A社がダメだったからB社のクレジットカードに狙いを替えるのは良い作戦だと思います。
しかしA社のクレジットカード審査に申込をした事実はB社にもわかってしまいます。

申込履歴が登録される信用情報機関というのは、公的な機関なのでA社でもB社でも同じ個人情報を共有しているのです。
A社のクレジットカード審査で落ちてしまったからB社のクレジットカードに狙いを変更するのは一向に構いませんが、そのB社に申込をした履歴もしっかりと残ることになりますので、B社がダメだったから今度はC社、そのC社もダメだったから今度はD社というように闇雲に申込だけをしても履歴だけがドンドン増えていくだけです。

A社のクレジットカード審査で落とされてしまったときに、何が理由で審査で落とされたのか?をよく検討し、今度は審査に受かりやすいカードを見極めてから応募するようにしましょう。

申込履歴が多くなればなるほど、あなたのクレジットカード審査は不利になるのです。
10社、20社応募していれば、そのうち審査に受かるだろうという安易な考えは逆効果です。
2〜3社ほど申込をしてみて、それでも審査で落とされてしまった場合は履歴が消去されてしまう6ヶ月間ほどは他の審査に申込するのを控えるのがベストだと思います。

あらゆるケールを以上に考えられますが、まずはクレジットカード審査基準ガイド│審査に通らない(落ちる)理由と対策を徹底解説 を参考にして思案するのも手です。